自己破産による連帯保証人への影響とよくある疑問

自己破産による連帯保証人への影響

自己破産の手続きをするにあたって、必ず考えなくてはいけないのが連帯保証人のことです。

連帯保証人にはどのような影響があるのか、手続き前に何をすればいいのかを説明します。

自己破産は本人のための手続き

名前からもイメージができるかもしれませんが、自己破産とは手続きをする本人のための手続きです。

自己破産の目的は、手続きする人の支払い義務を免除すること(免責を認めること)です。

あくまでも、手続きする本人の支払い義務を免除することが目的です。

そのため、借入をした時に連帯保証人がついていると、大きな影響が出てきます。

連帯保証人は、借入をしている人が返済できなくなった場合に、その人に代わって返済する義務を負うことになります。

「自己破産すると借金が全て消える」という認識を持っているかもしれませんが、連帯保証人をつけていた場合、連帯保証人に借金が移動することになります。

要するに、手続きした本人の返済義務はなくなっても、連帯保証人の返済義務はなくならない、というわけです。

借金が移動して、連帯保証人も返済が難しい場合は、連帯保証人も同様に自己破産をする可能性もあるのです。

連帯保証人への事前の相談は必須

自己破産をすることによって、連帯保証人に債務が移動するような場合は、事前に相談するべきです。

自己破産を検討している段階では、返済が滞っているケースが多いですから、連帯保証人が借金のことを知らないことはないかと思いますが、文字通り、連帯して返済義務を持っているわけですから、勝手に手続きするわけにはいきません。

誰かの連帯保証人になることの重大さというのがわかりますね。

連帯保証人になって、借金をした本人が返済できなくなったことによって、2人の縁が切れてしまうことは珍しくありません。

自己破産を考えている場合は、そのことを正直に連帯保証人に話し、場合によっては、連帯保証人の自己破産も考えなければいけないでしょう。

連帯保証人に関してよくある疑問

夫婦で連帯保証人の関係にある時

「夫婦間で連帯保証人になっていて離婚した場合、支払い義務はなくなるのか?」と疑問を持つ人がよくいます。

これについての答えとしては、「支払い義務は一切なくならない」ということです。

離婚したからと言って、連帯保証人としての義務がなくなるわけではありません。

連帯保証人が複数いる時

連帯保証人が複数いる状態で自己破産をした場合、誰が返済するのかという話になってきます。

この場合、返済義務は連帯保証人全員にあるのですが、1人いくらずつ返済すると決まっているわけではありません。

債権者から金額を指定して請求されたら、その金額を支払う必要があります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加