自己破産による住宅の処分と持ち家がある場合の手続き

自己破産による住宅の処分

自己破産をすると、財産とみなされるものは処分されることになります。

ほとんどの人にとって、最も大きな財産は住宅ではないでしょうか。

もちろん、持ち家はある人とない人がいるわけですが、持ち家がある場合は、自己破産の手続きを慎重に決めなければいけません。

自己破産をすると住宅は処分される

基本的に、自己破産をすると住宅は処分されることになります。

扱いとしては車と同じですが、住宅の価値が20万円以下だと判断されることは滅多にありませんので、ほとんどの場合、住宅は処分されると思っていて問題ないでしょう。

住宅ローンが残っている場合と残っていない場合の処分の流れをそれぞれ説明します。

住宅ローンが残っている場合

住宅ローンが残っている場合は、住宅ローン会社によって住宅を処分される形となります。

ローンが残っている状態ですと、住宅の所有権はローン会社にあることになります。

そのため、持ち主であるローン会社によって処分されることになるのです。

住宅ローンが残っていない場合

住宅ローンの支払いが終わっている場合は、住宅の価値が20万円よりも大きいかどうかがポイントとなります。

車ですと、価値が20万円以下だと判断されて残すことのできるケースも多くありますが、住宅の場合、価値が20万円以下と判断されることは少ないです。

価値が20万円よろ大きいと判断されると、処分されることになります。

住宅が残っている場合は手続きの検討を

多額の借金が残っていたとしても、持ち家がある場合は、自己破産の手続きをするかじっくりと検討する必要があります。

例えばですが、借金の総額が500万あったとしても、持ち家の価値が600万円あるのであれば、自己破産はしない方がいいと言えますよね。

極端な話、持ち家を売ってしまって借金を完済することができるわけですから。

また、住宅をどうしても残したい場合は、他の債務整理を検討することも1つです。

自己破産とよく比較される債務整理が、個人再生です。

個人再生は、自己破産のように全ての借金の返済義務をなくすことはできませんが(借金を5分の1くらいに減額)、住宅を残すことができるのが大きな特徴です。

そのため、住宅を残すか残さないかということをポイントに、自己破産か個人再生かを選ぶ、という人も少なくありません。

住宅がなくなって困るのは、自分だけではないはずです。

一緒に住んでいる家族にも嫌な思いをさせてしまうことになります。

持ち家があって、残したいと思っているのであれば、他の手続き(個人再生や任意整理)も検討してみることをおすすめします。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加