自己破産による家族への影響や例外的なケース

自己破産による家族への影響

自己破産を考えている時に、心配なのが「家族にどのような影響があるのか?」ということだと思います。

自己破産によって、妻や子供に悪影響があるのなら、手続きはしたくないと考える人も少なくありません。

家族に内緒で自己破産は可能か

まず、家族に内緒で自己破産をしようかと検討している場合。

結論から言ってしまうと、自己破産の事実が家族に直接知られるようなことはありません。

ただ、バレる可能性はあります。

例えば、財産としてみなされる家や車が残っていれば、それらは引き上げられることになります。

普通に生活していて、家や車が引き上げられる機会なんてありませんから、家族に隠していることは難しいはずです。

それから、クレジットカードやローンを組むことがあれば、その時にバレることもあります。

自己破産をすると、信用情報機関に登録されて、しばらくの間、カードを作ったりローンを組んだりすることが難しくなります。

クレジットカードの発行やローンを組む時には審査がありますから、そこで審査が通らずに問い詰められる可能性はあります。

家族への影響

自己破産をしたことによって、家族に1人1人に影響が及ぶことはありません。

例えば、あなたが自己破産をしたことによって、妻や子供名義の財産が差し押さえられたり、ローンが組めなくなったりということはないです。

もちろん、親の自己破産が子供の結婚や進学に影響するようなこともありません。

自己破産とはその人自身の手続きですから、たとえ家族であっても、影響はありませんのでご安心ください。

例外として家族に影響が出るケース

基本的に、家族に影響は出ないのですが、例外はあります。

それは、家族の誰かが連帯保証人になっている場合です。

連帯保証人がついている状態で自己破産をすると、借金(債務)は全て連帯保証人に移動します。

自己破産手続きをした本人の返済義務はなくなりますが、借金そのものがなくなるわけではありません。

あくまでも、自己破産というのは、免責を認めてもらうための手続きであって、借金がチャラになる手続きではないのです。

ちょっとしたニュアンスの違いですが、連帯保証人がついている場合は、大きな違いになってきます。

例えば、息子が連帯保証人になっているのであれば、自己破産をすると息子が全て借金を背負うことになります。

その場合、息子に返済能力があれば返済していくことになりますが、返済能力がなければ自己破産を検討する必要も出てきます。

そのため、実際のところ、家族が連帯保証人になっている場合、同じタイミングで自己破産するケースが多いのです。

主婦の自己破産

最後に、主婦の方が自己破産をする場合、注意することがあります。

それは、たとえ主婦本人の名義でなくても、住宅などの共有財産を没収されてしまう可能性があることです。

よっぽど借入金額が大きい場合は別ですが、主婦の場合は任意整理など、他の手続きを検討した方がいいケースがあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加