自己破産による車の処分はローンの有無がポイント

自己破産による車の処分

自己破産をすると、財産が処分されることになります。

「財産」と聞いて、思いつくものの1つに車が挙げられるかと思います。

自己破産をした場合、車の扱いはどのようになるのかをチェックしていきましょう。

自動車ローンの有無によって扱いが変わってくる

まずポイントとなるのが、現在乗っている車のローンは残っているか、ということです。

自動車ローンが残っている場合

自動車ローンがまだ残っている場合、基本的に、その車の所有権はローン会社にあることになります。

あなたが車に乗っている状態であっても、ローンを払い終えるまでは所有権は移らないのです。

そのため、ローンが残っている状態で自己破産をすると、その車はローン会社に引き揚げられてしまいます。

当然ですが、所有権を持っている人のところに車が戻ることに対して、こちらが拒否することはできません。

ただ、車を引き揚げるかどうかはローン会社の判断となるため、必ずしも引き揚げられるわけではありません。

ですが、仮に車が残ったとしても、自己破産後もローンの支払いを続けることは難しいです。

なぜかと言うと、一部の債権者にだけ返済をする行為は、自己破産の手続きに反しているからです。

例外的に、他の債権者が自動車ローンの返済を認めた場合のみ、自己破産した本人以外の人が返済する形で、車の引き揚げを防ぐことが可能です。

自動車ローンが残っていない場合

車を一括で購入した場合や、すでにローンの返済が終わっている場合、扱いが変わってきます。

この場合は、「現在の車の価値はどれくらいなのか」ということが重要になってきます。

具体的には、20万円以上の価値があるかないか、となります。

20万円以上の価値があると判断されると、現金に換価して債権者に分配する形になります。

現金に換価するということは、当然車はなくなります。

一方で、価値が20万円以下だと判断された場合は、車を手元に残しておくことができます。

価値がいくらになるかは査定してみないとわからないので、車買取業者に無料で査定してもらい、査定証を発行してもらうことになります。

例外的に車を残せるケース

たとえ20万円以上の価値があると判断されても、例外的に車を残せるケースがあります。

それは、病院に通う必要があったり、まわりに介護する必要のある人がいたりして、車がないと支障が出るようなケースです。

手続きの際にそういった旨を申告しておくことで、価値の残っている車でも引き揚げられないことがあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加