自己破産をすることによる3つのメリット

自己破産メリット

債務整理にはいくつか種類がありますが、その中の1つが自己破産です。

おそらく、債務整理の中で一般的に最もよく知られているのが自己破産ではないでしょうか。

知られているとは言っても、実際に自己破産をした場合、どういったメリットがあるのかはっきりは知らない人は多いでしょう。

今回は、自己破産をすることによるメリットをお伝えしていきます。

最大のメリットは返済義務がなくなること

自己破産をすることによる最大のメリットは、返済義務がなくなることです。
(返済義務がなくなることを「免責がおりる」と言います)

様々な債務整理があって、それぞれにメリットがあるわけですが、自己破産以外に、全ての返済義務がなくなる手続きはありません。

自己破産に近い手続きとして個人再生が挙げられますが、個人再生の場合は、返済金額を大きく減らすことはできるものの、全く返済しなくてよくなるわけではないです。

返済が非常に苦しくて、どうすることもできなくなった場合は、自己破産をして新たなスタート切る、というのも1つの選択肢です。

自己破産手続きをする人は、全ての返済義務がなくなるという部分に大きなメリットを感じて、手続きを決意することがほとんどです。

すぐに返済・催促がストップする

自己破産を考えているくらいですから、毎月の返済が苦しい場合がほとんどであるはずです。

苦しいどころか、返済日に返済することができずに、延滞してしまっているケースも少なくありません。

そのため、自己破産の手続きに入ることで、その段階から返済がストップする、これもメリットだと言えます。

法律家に手続きを依頼すると、その時点で返済の義務がなくなりますから、貸金業者から催促がくることもなくなります。

免責がおりてしまえば、最終的に支払う必要がなくなるので変わらないと感じる人もいますが、消費者金融からの催促が怖くて怖くて仕方ない、という人もいるのです。

そういった人にとっては、催促がなくなることは安心に繋がります。

自己破産したことを知られる可能性は非常に低い

自己破産をすると言うと、色んな人にそのことが知られてしまうのでは?と心配する人も多いのですが、実際のところ、自己破産したことが知られることはほとんどありません。

自己破産をするデメリットとして、「官報に掲載される」ということがあります。

これはたしかにデメリットではありますが、そもそも、一般人は官報を見ることすらありません。

あなたのまわりに、官報を見ている人がいるかどうかを考えていただければわかるでしょう。

また、間違った認識をされている人がたまにいますが、自己破産をしたことが、住民票や戸籍に載るということはありません。

要するに、思っているよりも、自己破産をしたことがまわりに知られる可能性は低いということです。

あまり言われていませんが、これもメリットであると言えるでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加