自己破産手続きの流れ〜依頼開始から免責がおりるまで〜

自己破産流れ

自己破産をするにあたって、どのような流れで手続きが進んでいくのでしょうか?

法律家に手続きを依頼してから、手続きが完了するまでの流れを順に見ていきましょう。

1、法律家に相談・依頼

最初に、弁護士や司法書士などの法律家に相談することになります。

自己破産を希望して相談をしたとしても、そもそも自己破産ができないケースもありますし、他の手続き(任意整理など)の方がよいケースもあります。

また、メリット・デメリットをしっかりと把握しておくためにも、法律家の話を直接聞いておくことは大切です。

相談の結果、自己破産をすることが決まったら、正式に依頼することになります。

依頼をした時点で、債権者(銀行・消費者金融など)への返済はストップします。

2、引き直し計算を行う

長い期間借入をしていた場合は、過払い金が発生している可能性があります。

法定金利での引き直し計算を行うことによって、正式な借入額を確定します。

引き直し計算の結果、過払い金が発生していた場合は、この時点で借入額を減額することができます。

3、申立や即日面接を行う

破産の申し立てをするにあたって、最初に書類の準備をします。

書類そのものは法律家(依頼した事務所)が作成してくれますが、作成にあたって準備するべきものがいくつかあります。

申立書類の準備ができると、裁判官による面接に進みます。

面接では、返済が不可能になった理由などを聞かれるのですが、事務所に依頼をした場合、面接に出席するのは法律家になります。(依頼者は面接に出席しない)

4、破産開始決定が出される

即日面接を終えると、裁判所より「破産開始決定」が出されることになります。

依頼者に財産があるかないかで、この後の流れが若干異なってきます。

財産がある:少額管財
財産がない:同時廃止

財産がある場合は、5番に進みます。

5、管財人面接・債権者集会を行う(少額管財のみ)

財産が残っていた場合は、破産管財人に対して、借金や所有している財産のことを詳しく伝える必要があります。

それが「管財人面接」というものです。

管財人面接によって、免責がおりるかどうかの判断がされるため、非常に重要な面接だと言えます。

その後、債権者集会が行われます。

債権者集会には、依頼者・裁判官・破産管財人らが集まり、破産管財人によって免責に関する意見申述が行われます。

6、免責が確定する

免責が認められると、裁判所より「免責許可決定」が出されることになります。

免責許可決定が出されてから1ヶ月が経つと、免責が正式に確定することになります。

免責が確定すると、全ての返済義務が免除されることになり、自己破産手続きが完了となります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加