2回目の自己破産をする前に知っておくべきこと

2回目の自己破産

自己破産は1度しかできないと思っている人は多いですが、そのような決まりはありません。

法律上では、自己破産手続きは何回もすることが可能です。

3回も4回も自己破産する人は現実的にいないかと思いますが、2回自己破産する人はけっこういます。

なので、「2回目」という言葉を使って説明をしていきます。

2回目の自己破産をする前に知っておいていただきたいことがあるので、見ていきましょう。

1回目の自己破産から7年以上が経過していること

2回目の自己破産を行う場合、1回目の自己破産から7年以上が経っていないと、手続きすることができません。

正確な表現をするのなら、「7年以上が経っていないと、免責許可がおりない」ということです。

自己破産をするということは、返済が苦しくて難しい状況だから、返済義務をなしにしてもらうこと(=免責許可をもらうこと)になります。

1回目の自己破産手続きの際に、免責許可をもらっているはずですが、1度免責をもらってから、再度免責をもらうまでに7年以上が空いていないとダメなのです。

免責が認められないケースに当てはまっていないか

2回目の自己破産に限った話ではありませんが、2回目の場合は特に厳しくチェックされることになります。

例えば、借入をした原因がギャンブルやショッピングなどの浪費である場合、個人的な事情で一部の債権者だけに返済していた場合、財産があるのにも関わらず隠していた場合などは、免責が認められない可能性があります。

2回目の自己破産は難易度が上がる

1回目の自己破産と比べて、2回目の自己破産は手続きが難しい(免責がおりにくい)と言えます。

なぜかと言うと、自己破産とは「もう同じような過ちはしないから新しくスタートを切らせてください」というお願いであると言うことができます。

1度再スタートのお願いをして認めてもらったのにも関わらず、またお金を借りて返せなくなって、同じような状況になっているわけです。

裁判所からしてみたら、「全然反省していないな」「前と変わってないな」と思うわけです。

そのため、一般的に2回目の自己破産は難易度が上がると言われています。

1回目では免責がおりたケースでも、2回目だと免責がおりないケースがあることも珍しくありません。

状況によっては自己破産以外の選択肢を検討する

もし、前に自己破産をしてから7年以上が経過していないのであれば、自己破産をしたければそれまで待つ必要があります。

待つことも1つの選択肢ではありますが、その場合は、任意整理などの自己破産以外の方法も考えてみることをおすすめします。

また、免責がおりないような場合も、他の方法を検討する必要がありますので、弁護士や司法書士に相談するといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加