過払い金が発生する期間と貸金業者の違いによる発生の有無

過払い金が発生する期間

過払い金は法改正前に借り入れがあると発生する

過払い金は全ての人に発生しているわけではありません。

過払い金というのは、グレーゾーン金利と呼ばれる、法定利息以上での返済をしていた場合に発生する仕組みになっています。

現在は、法改正によってグレーゾーン金利は撤廃されています。

法改正後は法定利息以上で貸し付けをしている業者はなくなりましたから、法改正後に借り入れをした場合は過払い金が発生することはありません。

では、法改正はいつされたのでしょうか?

法改正は2006年、完全施行は2010年

法改正そのものは2006年にされました。

ですが、改正された法律が完全に施行されたのは2010年6月です。

ですので、2010年6月よりも前に借り入れがあったかどうかが、過払い金が発生しているか否かを判断する1つのポイントになります。

貸金業者によっては完全施行よりも前に金利を引き下げているケースもありますから、2010年6月が全ての基準になるわけではありませんが、完全施行前に借り入れがあると、過払い金が発生している可能性が高いと言うことはできるでしょう。

取引明細や契約書が残っていれば、いつから利用を開始したかを把握することができますので、確認してみましょう。

2010年よりも明らかに前から使っているという場合は、過払い金が出ている可能性が高いと思っていただいていいですが、「5〜10年前から借り入れをしていたけど、正確な時期は覚えていない」というケースもあるでしょう。

利用開始時期が曖昧な場合は、とりあえず法律家に相談してみるといいです。

相談時に貸金業者に確認をするか、手続きに入って取引履歴を取り寄せることで、正確な利用開始時期がわかります。

貸金業者によっては昔から金利が低いケースもある

法改正によってグレーゾーン金利が撤廃されたことで過払い金が発生するようになった、とお伝えしましたが、貸金業者によっては、昔から金利が低いケースもあります。

法改正前から利息制限法の上限金利を守っている、良心的な業者も中にはあります。

元々定められた金利で貸し出しをしていたわけですから、その場合は過払い金は発生しません。

有名な消費者金融や信販会社は、過払い金が発生する会社が多いですが、中には例外もあります。

法律家に相談する際に、どこの会社から借り入れがあったかで、元々の金利が高かったか低かったかがわかります。

法改正前から金利が低い貸金業者を利用していた場合、残念ですが(良心的な会社を利用していたのはいいことですが)過払い金は発生しないため、手続きすることはできません。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加