過払い金が発生する仕組みとは?グレーゾーン金利と法改正を知ろう!

過払い金が発生する仕組み

過払い金には2つの法律が関係している

「過払い金」とは文字通り、払いすぎたお金のことを指すのですが、そもそもなぜ過払い金が発生するようになったのでしょうか。

過払い金が発生することには、「利息制限法」と「出資法」という2つの法律が存在していたことが関係しています。

利息制限法では、貸付金額に応じて、15〜20%までの利息(年利)を設定していいと定められていました。

一方で出資法では、刑事罰の対象となる利息の上限が定められており、その上限は29.2%となっていました。

つまり、どういうことかと言うと、「15〜20%を超える利息での貸付はNGなのに、29.2%までの範囲であれば罰することができなかった」というわけです。

利息制限法で定められている上限金利と、出資法で定められていた上限金利の間の金利は「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

簡単に表現するなら、「法律に不備があった」ということですね。

法改正によって払いすぎた利息を請求できるようになった

平成22年に施行された法改正によって、「利息制限法で定められた上限金利を超えての貸付は一切禁止」となりました。

ですので、今現在は最大でも20%が上限金利になっていて、上限金利を超えた場合、刑事罰が課されます。

また、今後の上限金利が引き下げられただけでなく、「利息制限法で定められた上限金利を超えて借入をしていた場合、過去にさかのぼって請求できる」ということになりました。

15〜20%を超える利息でお金を借りいていた場合は、返済時に利息を払いすぎていたので、取り戻すことができるようになったというわけです。

この払いすぎた利息のことが「過払い金」です。

過払い金を取り戻すには

過払い金を取り戻すには、正しい利息で返済していた場合はいくらだったのかを計算する必要があります。

これを「引き直し計算」と言います。

引き直し計算をすることによって、本当は払うべきでなかった金額(利息)がいくらなのかがわかります。

その金額を貸金業者に請求することで、過払い金を取り戻すことができます。

これを「過払い金返還請求」と言います。

過払い金返還請求は、法律家に依頼することが一般的です。

個人で請求することも不可能ではありませんが、引き直し計算や貸金業者との交渉には専門的な知識が必要になりますので、実際のところは非常に難しいと言えます。

15〜20%を超える金利で借り入れをしていた記憶があるのなら、まずは法律家に相談してみるといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加