過払い金が返還されるまでの流れ〜依頼から手元にお金が戻るまで〜

返還されるまでの流れ

過払い金を取り戻すまでの流れ

過払い金を取り戻そうと考えている場合、弁護士や司法書士などの法律家に依頼することになります。

法律家に過払い金返還請求を依頼すると、実際に手元にお金が戻ってくるまでにあなたがするべきことは何もありません。

するべきことは何もありませんが、どのような流れで手続きが進んでいくのかを知っておく必要はあるでしょう。

手続きは、大きく分けて4つのステップで進んでいきます。

1、法律家に依頼

まず、法律家に相談することになります。

「どこの貸金業者から借り入れをしていたのか?」
「どれくらいの期間借り入れをしていたのか?」

借り入れ時の状況を詳しく伝えることで、「過払い金が出ているかどうか」「おおよそいくらぐらい出ているのか」などがわかります。

※相談はほとんどの事務所で無料ですが、念のために事前にチェックをしておくようにしましょう

過払い金を請求するにあたっての説明を受けた上で、納得できたら正式に依頼することになります。

不明点や質問があるのなら、相談時に全て聞いておくようにしましょう。

依頼する場合、法律家が代理人になった旨を貸金業者に伝えるため、受任通知を送ります。

受任通知を送ると、正式な依頼が完了します。

2、取引履歴を取り寄せ、過払い金を計算

正式に依頼すると、法律家は貸金業者に対して、過去の取引履歴を取り寄せます。

取引履歴には、契約時から今までの取引情報(借入日・借入金額・返済日・返済金額・利率など)全てが記載されています。

取り寄せた取引履歴を元に、払いすぎた利息がいくらあるのかを計算(=引き直し計算)します。

引き直し計算が完了すると、過払い金がいくら発生しているかがわかります。

3、貸金業者と交渉

最終的に戻ってくる過払い金は、貸金業者との交渉によって決まります。

電話や書面によって返還金額や返還日の交渉を繰り返し行い、できる限りよい条件での交渉完了(=和解)を目指します。

交渉を終えると、交渉結果が記載された「和解書」が発行されます。

ただし、交渉が難航すると訴訟手続きに進む場合があります。

訴訟を行う場合も、全て法律家が代行してくれるため、あなたが何かをする必要はありません。

4、過払い金の返還

交渉、または訴訟が終わると、いよいよ過払い金が返還されます。

法律家への報酬(費用)は、基本的に返還された過払い金の中から支払うことになります。

報酬を差し引いた上で、手元に過払い金が戻ってきます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加