過払い金返還請求を法律家に依頼する3つのメリット

法律家に依頼するメリット

過払い金の請求を法律家に依頼するメリットとは?

過払い金は個人で請求することもできますが、一般的には弁護士や司法書士などの法律家に依頼することになります。

個人で過払い金を請求するのではなく、法律家に依頼するメリットは主に3つあります。

1、引き直し計算をする手間がなくなる

「手間がなくなる」と表現するとやるかやらないかの話のように感じますが、過払い金がいくら発生しているかを計算すること(=引き直し計算)は簡単なことではありません。

正しい計算ができないと、貸金業者に請求することすらできません。

もし、個人で過払い金返還請求をする場合は、引き直し計算を自分で行う必要があるため、手間がかかるだけでなく、そのための知識を習得する必要があります。

法律家に依頼することで、引き直し計算は全て代わりに行ってくれます。

2、交渉を有利に進めることができる

引き直し計算をすると、過払い金がいくら発生しているかがわかります。

ですが、発生している100%の金額を取り戻すことができるわけではなく、貸金業者と交渉を行い、交渉によって発生した過払い金の何割が戻ってくるのかが決定します。

戻ってくる過払い金の割合を「返還率」と言います。

この返還率は、交渉によって大きく変動します。

要するに、誰が交渉するかで取り戻せる割合が大きく変わってくる、ということです。

当然、個人が交渉するよりも法律家が交渉した方が返還率は高くなる傾向にあります。

貸金業者も相手も見て(個人か法律家か)、返す過払い金の割合を変えてきます。

個人の場合は専門的な知識がほとんどないため、交渉したくても交渉できないケースが多々あります。

法律家に依頼をした方が、最終的に手元に戻ってくるお金が多くなることは珍しくありません。
(法律家に支払う費用を差し引いてでも、戻ってくるお金が多い)

3、裁判になった場合も任せることができる

貸金業者がなかなか交渉に応じてくれない場合や、思うような割合を返してくれない場合、裁判を行うことがあります。

個人で請求をしていると、裁判の手続きも全て自分で行う必要がありますし、裁判所まで出向く必要もあります。

法律家に返還請求を依頼していれば、裁判に進んだとしても、あなたが何かをすることは一切ありません。

貸金業者によっては、裁判を行う可能性が非常に高い場合もありますので、裁判を任せることができることもメリットの1つだと言えるでしょう。

過払い金の請求を法律家に依頼するデメリットとは?

反対にデメリットは何があるのか気になるところですが、デメリットは1つです。

それは、「費用がかかる」ことです。

法律家に仕事を依頼する以上、当然費用はかかります。

ですが先ほどお伝えした通り、返還率は誰が交渉するかで大きく変わるため、法律家に支払う費用を差し引いてでも、法律家に依頼した方が最終的に戻ってくるお金が多くなるケースは珍しくありません。

以上のように、法律家に依頼した方が明らかにメリットが大きいため、よっぽどのことがない限りは法律家に依頼するといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加