個人再生を弁護士と司法書士のどちらに依頼するべきか?

個人再生を弁護士と司法書士のどちらに依頼する

個人再生の手続きは自分でもできないことはないですが、一般的には弁護士・司法書士といった法律家に依頼することになります。

自分で個人再生手続きをする場合、専門的な知識も労力も必要になりますので、現実的には大半の人にとって難しいと言えます。

では、法律家に依頼する場合。

弁護士と司法書士のどちらかに依頼することになりますが、どちらに依頼をするかで違いがあります。

今回は、個人再生を弁護士に依頼した場合と司法書士に依頼した場合の違いを見ていきましょう。

弁護士と司法書士の違い

まず、前提として知っていただきたいのが、弁護士と司法書士では、扱える法律業務の範囲が変わってきます。

司法書士にできて弁護士にできないことはないですが、弁護士にできて司法書士にできないことはあります。

要するに、司法書士よりも弁護士の方が扱える範囲が広いということです。

「では、個人再生手続きを行う場合はどうなのか?」ということですが、個人再生の場合も違いが出てきます。

弁護士は代理人として個人再生手続きを進めていくのに対して、司法書士は書類作成代理人として個人再生手続きを進めていきます。

弁護士に依頼した場合は、全ての手続きを代理してもらえますが、司法書士に依頼した場合は、一部の手続きを代理してもらうことができません。

裁判所との交渉

例えば、その違いは裁判所との交渉の時です。

弁護士は、裁判所との面談・交渉を代わりに行ってくれますが、司法書士だとそれができません。

そうすると、裁判所と面談・交渉することになった時には、本人が交渉する必要があるというわけです。

個人再生委員の選任

個人再生委員が選任されるかは、裁判所の判断になるため、ケースによって異なってきます。

ただ、傾向として、司法書士に依頼した場合は、個人再生委員が選任されることが多いのに対して、弁護士に依頼した場合は、個人再生委員が選任されることは少ないです。

個人再生委員が選任されると、報酬として15万円ほど支払う必要があるため、費用面への影響が出てくるのです。

依頼することによる費用の違い

ここまで説明してきたように、個人再生をするにあたって、弁護士と司法書士では扱える業務範囲に違いがあります。

そのため、一般的に司法書士よりも弁護士に依頼した方が費用は高くなる傾向にあります。

相場としては、

  • 弁護士に依頼した場合:30〜50万円
  • 司法書士に依頼した場合:20〜30万円

となります。

どちらがいいかは人によるので一概に言えませんが、「できるだけ手続きをお任せしたいか」「できるだけ費用を安くしたいか」などの自分の基準に沿って決めていくといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加