個人再生をすることによる3つのメリット

個人再生メリット

債務整理の1つである個人再生。

なかなか馴染みの少ない言葉ですが、個人再生を選択する人も少なくありません。

個人再生とは、シンプルに説明するのであれば、任意整理と自己破産の間という位置づけの債務整理です。

2001年に開始された割と新しい手続きで、手続きをすることによって、返済金額を約5分の1にまで減らすことができるようになります。

自己破産と比較されることが多い手続きですが、個人再生には主に3つのメリットがありますので、比較をしながら順に説明していきます。

住宅を残すことができる

個人再生の最大のメリットは、住宅を残すことができることでしょう。

債務整理をする際、自己破産か個人再生かを決めるにあたって、ポイントとなるのは住宅の有無や残したいかどうかになってきます。

どうしても住宅を残したい場合は、住宅ローン特則を利用することによる個人再生の手続きをすることで、住宅を手放さずに済みます。
(住宅ローン特則を利用できるかは事前の確認が必要)

住宅を残すことになると、銀行や消費者金融からの借入については大きく減額してもらうことになりますが、住宅ローンについては今までと同じように支払っていく形になります。

職業の制限なし

自己破産手続きをする場合、免責がおりるまでの間は弁護士・司法書士・証券会社外交員・生命保険募集員などの一定の職業に就くことができなくなります。

一方で、個人再生の場合、手続きをすることによって職業が制限されることは一切ありません。

例えばですが、証券会社外交員や生命保険募集員として仕事をしていて個人再生をしたとしても、仕事に影響が出ることはないというわけです。

自己破産の職業制限に該当する仕事をしている人は、仕事上の問題から個人再生を選択する人もいるのです。

借金の理由は問われない

自己破産の場合、手続きを希望していても難しいケースの1つとして、「ギャンブルやショッピングなどの浪費によって借金をした場合」が挙げられます。

たとえ今現在、支払いが非常に苦しかったとしても、借金の理由によっては手続きを認めてくれないことがあるのです。

ですが、個人再生の場合は、借金の理由によって手続きができないようなことはありません。

仮に、ギャンブルやショッピングなどの浪費によって借金をした場合であっても、個人再生であれば問題なく手続きが可能です。

そのため、何らかの理由で自己破産ができなかった人が、次に考える手続きが個人再生であることが多いのです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加