個人再生の手続きの流れ〜依頼開始から返済開始まで〜

個人再生の手続きの流れ

個人再生をする場合の手続きの流れを説明していきます。

法律家に依頼をしてから、返済を開始するまでの全体の流れを見ていきましょう。

法律家に相談・依頼

まず、弁護士や司法書士に相談をすることになります。

相談をした結果、個人再生手続きをすると決めた場合は、依頼をすることになります。

受任通知を送ることによって正式な依頼となり、それ以降の返済や取り立ては全てストップします。

引き直し計算

消費者金融などの貸金業者から長期間に渡って借入をしていた場合、過払い金が発生している可能性があります。

貸金業者から取引履歴を取り寄せて、正しい利息で計算をすることによって(=引き直し計算)、過払い金がいくら発生しているのかを調べます。

計算の結果、過払い金が発生していたら、借入額を減額することができます。

申立書類の作成

個人再生の手続きをしていくにあたって、申立書を作成する必要があります。

依頼した事務所が指示をしてくれますので、指示に沿って、書類の記入や必要書類の準備をしていきます。

申立書類には、収支・資産・住宅などに関する事項を記入していくことになります。

個人再生の申立て・個人再生委員の選任

申立書類の作成を終えたら、裁判所に提出をして、申立てを行います。

そして、申立書が受理されると、個人再生委員の選任が行われます。

裁判所から、個人再生委員が選任された旨の連絡がくることになります。

個人再生委員との面接・個人再生手続開始決定

個人再生委員と面接を行い、個人再生委員が裁判所に意見書を提出します。

意見書によって、裁判所が個人再生手続きをするか否かを判断します。

個人再生手続を認めてもらうと、手続開始決定となります。

債権届出・債権認否一覧表の提出

個人再生手続開始決定がされると、各債権者は借金額を裁判所に申告します。
(債権届出書に債権額を記載する)

債権者の申告が終わると、提出された債権届出書を確認して、認めるかどうかを判断していく形になります。

判断の結果を債権認否一覧表に記入して、個人再生委員に提出することになります。

再生計画案の提出・認可

どのように返済をしていくかを記入した、再生計画案を裁判所と個人再生委員に提出します。

再生計画案に対して、各債権者は同意か不同意かの回答をすることになります。

回答の結果、過半数の反対がなければ、再生計画案が認可されることになります。

返済開始

再生計画案が認可されると、再生計画で定められた返済計画に沿って、各債権者に毎月返済をしていくことになります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加