競売物件の購入 – 落札代行について

競売物件

ここ最近、競売物件を購入する人が増えています。

その1番の理由は「相場よりも安く買えるから」ということでしょう。

そもそも、競売とはどのようなものなのでしょうか?

競売とは

競売とは住宅を売却する際の1つの方法になります。

方法とは言っても、自分の意思で住宅を売るわけではなく、借金返済のために強制的に売却される、というのが正確な表現でしょう。

借金の返済ができずに延滞が続いている場合、お金を貸している債権者としては当然お金を返してほしいと考えるわけです。

そして、土地や住宅が担保となっているのであれば、債権者にはその土地や住宅を処分する権利があります。

債権者が裁判所に申立てをして、申立てによって裁判所が担保となっている土地・住宅を売却します。

これが競売の仕組みです。

競売物件というのは、基本的に相場価格よりも安く売り出されます。

なぜかというと、「借金返済のために売却する物件」という特殊な理由があるためです。

特殊な物件であるため、買う側からしてみたら嫌がる人もいますが、安く買えることは事実なので、競売物件を中心に住宅を探している、なんて人も中にはいます。

競売物件を買うには

競売物件の売買は、入札によって行われます。

複数人が入札をして、最も高い価格で入札した人が購入(落札)できる仕組みになっています。

落札できると、いよいよ住宅が自分のものになるわけですが、1つ、よくあるトラブルを紹介します。

競売物件を落札した段階で、まだ前の所有者が住宅に住んでいることがあります。

すでにその人の家ではないにも関わらず、なかなか引越してくれないケースがあるのです。

そういった場合に、住宅の受け渡しがスムーズにいかずにトラブルになることが割とあります。

法律で定められていることですから、強制的に引き渡してもらうことはできるのですが、個人間のやり取りだと上手く進まないことがあるのです。

落札代行業者に依頼する

競売物件を買うのであれば、落札代行業者に依頼するのがおすすめです。

専門家に依頼をすることで、必要以上に高い価格で競売物件を買うことがなくなりますし、落札後の受け渡しもスムーズになります。

落札から受け渡しまでを代行してもらうわけですから、もちろん費用はかかってしまいますが、専門家が入札・落札をしてくれるので、安く買えるケースが多いです。

業者に費用を支払ったとしても、最終的な持ち出しのお金は少なくなる、なんてことも珍しくありません。

また、競売物件を購入する機会なんて滅多にないですから、トラブルを避けるためにも、専門業者に依頼するといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加