任意売却における業者の選び方

任意売却における業者の選び方

任意売却をするのであれば、専門業者に相談をし、依頼することになります。

ただ、少し調べてみるとわかりますが、任意売却を請け負ってくれる専門業者はたくさんあります。

多くの専門業者があることは比較検討する意味ではいいですが、反対に、多すぎてどこを選んでいいのかわからないと感じる人も多いでしょう。

任意売却を成功させるためにも、業者の選び方はしっかりと知っておく必要があります。

交渉力・実績はあるか

任意売却をする以上、できるだけ高い価格で住宅を売りたいと思うのが当然です。

「住宅を高く売却できる=任意売却の成功」と言っても過言ではないかもしれません。

そこで重要になってくるのが、業者の交渉力です。

住宅の売り出し価格は、債権者との話し合いによって決定していきます。

債権者からしてみたら、少しでも早く住宅が売れて、自分たちのところにお金が入ってくればいいのです。

高い価格に設定をして、住宅が売れないパターンは避けたいと考えるのが債権者です。

一方でこちらは、できるだけ高く売却したいと考えます。

業者の交渉力1つで、売り出し価格は大きく変わってきます。

交渉力のない業者に依頼をすると、明らかに相場よりも低い価格での売却が決まってしまった、、なんてことにもなりかねません。

交渉力の有無を判断するにあたっては、業者の評判や実績をチェックするのがいいでしょう。

特に、実績はごまかしようのない数字ですので、判断材料に入れることをおすすめします。

費用が明確になっているか

任意売却を依頼する場合、どの業者でも費用は一律になります。

業者に支払う費用は、「成約価格の3%+6万円」と決まっているのです。

ですが、一部の業者は勝手に費用を上乗せして請求してくることがあります。

実績のある有名な業者であればそういったケースはないですが、知名度の低い業者の中には、悪徳な業者も存在するのです。

費用面で痛い目に遭わないためにも、正式に依頼をする前に費用はいくらかかるのか、はっきりと確認しておきましょう。

費用をうやむやにされるような業者には、依頼しないようにしましょう。

サポートはしっかりとしているか

業者としては、売却が完了すれば自分たちの手数料は入ってくるわけですから、売却後のサポートをほとんどしてくれない業者があります。

ですが、こちらとしては、住宅を売却してからがスタートなわけです。

残った借金を返済するにあたって、売却後も債権者と交渉が必要になることがあります。

そういった時に業者のサポートが全くないと、任意売却を成功させることはできません。

そのため、サポートがしっかりしているかどうかも、事前にチェックしておく必要があります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加