任意売却の4つのデメリット

任意売却のデメリット

借金を返済する時に、住宅を売却する方法の1つである任意売却。

メリットの大きい手続きであるため、任意売却を選択する人は多いです。

ただ、デメリットが何もないというわけではないので、デメリットについても事前に知っておく必要があります。

今回は、任意売却をすることによる4つのデメリットをお伝えしていきます。

1、債権者が同意してくれないことがある

任意売却とは、住宅などの不動産を売却して、借金を返済する手続きです。

そのため。こちらの判断だけで勝手に売却することはできないのです。

住宅を売却するにあたっては、全ての債権者から同意を得る必要があります。

もし、債権者から同意を得ることができなかった場合は、任意売却をすることができなくなってしまいます。

2、希望通りの価格で売り出しができるか

実際に売れるか売れないかは置いといて、そもそも、希望する価格での売り出しができるかが問題となってきます。

1つ目のデメリットと関連することになりますが、任意売却の場合、こちらの判断だけで売り出し価格を決定することができません。

こちらが希望する売り出し価格を提示しても、債権者の同意がなければ、その価格で売り出すことはできないのです。

債権者からしてみれば、しっかりと住宅が売却できて、自分たちのところにお金が返ってくることを望んでいるわけですから、あまりにも高い価格に設定していると、同意を得られないことがあるのです。

3、連帯保証人の同意を得る必要がある

任意売却をする場合は、連帯保証人の同意を得なければいけません。

仮に、連帯保証人からの同意を得ることができなかった場合、任意売却をすることはできませんから、競売を選択することになるでしょう。

また、何らかの理由で、連帯保証人が行方不明になっていたり、連絡が取れないような場合にも、任意売却をすることはできなくなってしまいます。

4、時間制限がある

任意売却は、競売が完了するまでの期間に行わなければいけません。

もし期間に間に合わなかった場合は、強制的に競売の手続きが進んでいくことになります。

そうすると、当然任意売却はできなくなってしまいます。

信頼できる専門業者に依頼することが重要

以上、4つのデメリットを挙げましたが、これらはどこの専門業者に依頼するかで状況が大きく変わってきます。

例えば、「債権者に同意してもらえるか」「希望通りの価格で売り出しができるか」という点では、債権者との交渉がカギになります。

専門業者によって交渉力は変わってきますし、結果も変わってきます。

3番の連帯保証人に関しては、連絡が取れずにどうしようもないケースもありますが、4番の時間制限についても同様です。

専門業者がスムーズに手続きを進めてくれたら、間に合わずに競売になってしまった、なんてこともなくなるでしょう。

任意売却をする際は、いかに信頼できて実力のある専門業者に依頼できるか、がポイントになってきます。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加