任意売却の4つのメリット

任意売却のメリット

借金の返済が苦しくなった時に、住宅を売却するという方法をとることがあります。

任意売却は住宅を売却するための手段となるわけですが、よく競売と比較されます。

ですが、競売よりも任意売却の方が得られる恩恵が多いと言われています。

それは、以下のような4つのメリットがあるためです。

1、高い価格で売却できる

当たり前のことですが、売却する以上はできる限り高い価格で売却したいものです。

任意売却では、市場価格に近い価格で売却することが可能になります。

高い価格で売却ができれば、当然、借金返済にあてられる金額も大きくなります。

すなわち、大きく負担を減らせることに繋がる、ということができるわけですね。

2、借金のことがまわりに知られない

「借金をしていることを知り合いには絶対に知られたくない!」という人は多いかと思います。

競売の場合、売りに出すと競売物件として新聞や折り込みチラシなどで公開されてしまうので、まわりにバレてしまう可能性があります。

競売=借金返済という認識を持っているのが一般的ですからね。

任意売却では、任意売却によって手放したことをまわりに知られるようなことはありません。

依頼する専門業者も、個人情報の管理には徹底していますので、まわりに借金を秘密にしている人にとっては、メリットの大きい手続きだと言えます。

3、こちらの都合に合わせてくれる

任意売却をしたからと言って、一方的に引越し日を指定されたり、相手の都合で出ていかなくてはいけなくなったり、、ということはありません。

借金返済のための住宅売却と聞くと、強制的に手続きが進んでいくイメージを持つ人も多いのですが、任意売却の場合は、そういったことはないので安心です。

また、親子間売買などの方法を使うことで、任意売却後も、そのまま自宅に住み続けることができるケースもあります。

4、持ち出しの費用がかからない

費用がかからないのも任意売却の大きなメリットだと言えます。

借金返済に苦しんでいるのに、費用を捻出するのは簡単なことではありません。

基本的に費用は、売却して得たお金から差し引かれることになります。

それと、最初に専門業者に相談をすることになりますが、相談時にも費用はかからない場合がほとんどです。(事前に調べておく必要はあります)

持ち出しで支払う必要がないことは、精神的な負担が軽減されると言えるでしょう。

また、交渉によって、引越しの際に必要なお金を受け取ることができるケースもあります。

競売ではそうもいきませんから、これも任意売却の1つのメリットですね。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加