任意売却の申し込みから成立までの流れ

任意売却の申し込みから成立までの流れ

任意売却を検討しているのであれば、手続きの流れを知っておく必要があります。

申し込みをしてから、任意売却が成立するまでの全体の流れを見ていきましょう。

相談する

事前に任意売却についてリサーチしておくことはもちろん大事ですが、それでも自分の意思のみで手続きを決定するのは難しいでしょう。

まずは、専門家に相談をしてみて、手続きの全体像やメリット・デメリットを把握することをおすすめします。

任意売却の相談に乗ってくれる会社は数多くありますが、ほとんどの会社は無料で相談をしてくれるので、気軽に相談してみるといいですよ。

相談の結果、手続きをするという場合は次に進んでいきます。

住宅の査定

当然ですが、手放す住宅は、できる限り高く売却したいものです。

あまりに安い価格で売り出すと、納得いく結果にならないですし、反対に高すぎる価格で売り出すと、今度は買い手が見つからなくなってしまいます。

そのあたりのバランスを考慮した上で、適切な査定をし、売り出す価格を決定することになります。

債権者との交渉

査定を終えると、査定結果に基づいて債権者と交渉を行っていきます。

交渉によって売却価格を調整していくことはもちろんのこと、競売や差押え予定がある場合は取り下げてもらったり、残った借金の返済方法を決定したりします。

また、交渉が上手くいくと、引越し費用を受け取ることが可能になります。

任意売却をすると必ず引越しをすることになりますから、引越し費用を受け取ることができるのは非常に大きいと言えます。

売却先を探す

債権者と調整した売却価格にて、売却先を探していくことになります。

不動産データベースに登録したり、新聞に折込チラシを入れたり、広告を出したりして売却先を探します。

購入希望者が現れると、内覧をすることになるでしょう。

また、売却先を探しているタイミングで、引越し先も探すことになります。

住宅が売れても引越し先が決まってなくては困ってしまいますから、同時に進めていく必要があります。

依頼した会社によっては、引越し先を探してくれることもあります。

任意売却の成立・残った借金の返済

購入者が決定したら、契約を結ぶことになります。

契約を結ぶと、抵当権は抹消され、差押えも解除されます。

契約締結後、引越しを終えることで、任意売却の一連の手続きが終了となります。

その後は、交渉によって決定した返済方法に沿って、残った借金を返済していく形になります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加