任意整理で借金が減額される仕組みとは?減額されないケースもあり!

借金が減額される仕組み

借金減額にはグレーゾーン金利が関係している

任意整理を利用すると、借金を減額することができるわけですが、そもそも、なぜ借金を減額することができるのでしょうか?

それには、利息制限法と出資法という2つの法律が関係しています。

利息制限法とは、名前からもイメージができるように、貸金業者が設定していい利率の上限が定められた法律です。

10万円未満は20%まで、10万円以上100万円未満は18%まで、100万円以上は15%までと定められています。

貸金業者はこの利息制限法で定められた利率の範囲内で貸し出しできるようになっています。

ですが、なぜか利息制限法とは別に、刑事罰が適用される上限利息が定められた法律が存在していました。

それが、出資法です。

出資法の上限利率は29.2%で、この利率を超えない限りは罰さられることはありませんでした。

要するに、本来は利息制限法を超えた利率での貸し出しはダメなのにも関わらず、それを罰する法律が存在していなかった、というわけです。

グレーゾーン金利とも呼ばれていますが、法律が不完全だったというわけです。

法改正によってグレーゾーン金利が撤廃された

当然のことかもしれませんが、不完全な法律ですので、整備されました。

法律が改正されたことによって、利息制限法を超えた利率での貸し出しは罰さられることになりました。

「グレーゾーン金利が撤廃された」とはこのことです。

それだけでなく、利息制限法を超えた利息を返済していた場合は、過去にさかのぼって請求できるようになりました。

払いすぎた利息のことを「過払い金」と言います。

借金が残っている場合、発生している過払い金を現在の借金にあてることができます。

これが、任意整理を利用すると借金が減額される仕組みです。

任意整理によって、正しい利息を計算(=引き直し計算)することになりますから、計算の結果、払いすぎた利息が存在していれば、その分を減額できるという仕組みです。

借金が減額されないケース

任意整理をしたからと言って、全ての人の借金が減額されるわけではありません。

繰り返しますが、払いすぎた利息が存在しているからこそ、その分を減額できる仕組みになっています。

ですので、法律が改正された後に借り入れを開始した場合、利息制限法で定められた利率を超えて貸し出しをしていることはありませんから、過払い金は発生しません。

過払い金が発生しないということは、借金の減額はありません。

また、貸金業者によっては、法改正前から法定利息内での貸し出しをしていた業者もあります。
(良心的な貸金業者ということです)

この場合も、利息を払いすぎていることはありませんから、借金の減額はありません。

以上のように、利用開始が最近であったり、元々利率が低い貸金業者を利用していた場合は、借金が減額されないこともあります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加