任意整理をすることによる2つのデメリット

任意整理のデメリット

任意整理をした際のデメリットは2つ

債務整理の中では最もデメリットの少ない任意整理ですが、それでもデメリットが全くないわけではありません。

では、任意整理をした場合にはどのようなデメリットがあるのでしょうか?

1、手続きをするカードの利用ができなくなる

任意整理では、手続きをするかどうかを貸金業者ごとに選ぶことができます。

例えば、A社とB社から借り入れをしていて、支払いの負担が大きいA社だけを手続きする、なんてことも可能です。

任意整理をすると、手続きに入った貸金業者のカードを以降利用することができなくなります。

ですので、「どうしてもその消費者金融との取引ができなくなるのは困る」「どうしてもそのクレジットカードが使えなくなるのは困る」という場合は手続きをすることが難しいでしょう。

クレジットカードを通して、家賃や公共料金の支払いをしている場合は、手続きをする前に支払い方法を変更しておく必要があります。

2、信用情報機関に登録される

任意整理をすると、信用情報期間にその旨が登録されることになります。

信用情報機関とは、金融に関する個人情報を管理している機関です。

例えば、消費者金融からのキャッシング情報・クレジットカードの利用状況・過去の支払い情報(延滞していないか)などが載っています。

信用情報機関を見ると、借入件数や借入金額を一目で確認することができます。

貸金業者やクレジットカード会社は、個人の信用情報を見ることができるため、信用情報機関に登録されるとデメリットがあるというわけです。

信用情報機関に登録されると、以下のデメリットがあります。

  • 新しい借り入れが難しい
  • 新しくクレジットカードを作ることが難しい
  • クレジットカードの更新ができない可能性がある
  • 住宅ローンや車のローンに通りづらい

よく「借り入れができなくなる」「ローンに通らなくなる」と言われていますが、100%ではありません。

たしかに、信用情報に載ると新しい借り入れやローンを通すことは難しくなりますが、中には借り入れができるケース、ローンに通るケースもあります。

と言うのも、「信用情報機関に登録=借り入れNG」といったルールがあるわけではなく、あくまで貸金業者が審査基準の1つとして見ているに過ぎないからです。

ただ、住宅ローンや車のローンなどの大きなローンは、信用情報に載るとほとんど通らないと認識しておいた方がいいでしょう。

ですが、信用情報に登録された情報はいつまでも残っているわけではありません。

登録は約5年間ですので、期間が過ぎると影響はなくなります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加