任意整理を利用できる条件とは

任意整理を利用できる条件

任意整理は自分で返済することが前提となる

債務整理には「自己破産」「個人再生」「特定調停」「任意整理」がありますが、中でも任意整理は最もデメリットの少ない手続きであると言えます。

そのため、債務整理を行うにあたって、まず最初に検討するのが任意整理になる場合が多いですが、任意整理は誰でも手続きができるわけではありません。

任意整理を行う場合、返済能力があることが前提となります。

では、どの程度の返済能力があれば手続きが可能なのでしょうか?

順を追って説明していきます。

最初に引き直し計算によって減額する

手続きに入ると、最初に引き直し計算を行います。

長期間の借り入れをしていた場合、法定利息以上の利息を払っていた可能性があります。

正しい利息で計算をし直すことで、過払い金が発生しているかどうかを調査します。

過払い金が発生していた場合は、発生している金額を現在の借り入れにあてることができるため、借金を減額できる仕組みになっています。

借り入れ以上に過払い金が発生していた場合は、そもそも借り入れがなかった扱いになりますから、借金は0になり、手続きは終了になります。

過払い金をあてて借り入れが残った場合は、返済をしていくことになります。

残った借り入れを再分割して返済する

借り入れが残った場合、貸金業者と交渉を行って分割回数を決定していくことになります。

分割回数は貸金業者によって異なりますが、36〜60回であることがほとんどです。

決定した分割回数に沿って、手続き後は返済をしていくことになるのですが、決定した分割回数に沿った返済が難しい場合は、任意整理を利用することができなくなってしまいます。

任意整理を利用できる条件は、「再分割後に返済を続けることができること」です。

例えばですが、250万円の借り入れがあって、引き直し計算によって70万円減額されると、残りは180万円になります。

この180万円を再分割して返済していくことになるのですが、分割回数が60回の場合、月々の返済金額は3万円となります。

月々3万円の返済を続けていくことが可能であれば、任意整理を利用することができます。

月々3万円の返済が難しいのであれば、任意整理を利用しても整理をすることができないため、自己破産や個人再生といった方法を選択することになります。

要するに、再分割後に返済が難しいと、そもそも任意整理しても意味がなくなってしまうため、利用不可というわけです。

法律家に相談をしてみないと何とも言えませんが、「再分割後に返済できるか否か」が任意整理を利用できるかどうかの分かれ目になると知っておいてください。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加