任意整理手続きの流れ〜法律家に依頼してから返済を再開するまで〜

任意整理手続きの流れ

法律家に依頼して手続きが完了するまでの流れ

任意整理を利用する場合、法律家に手続きを依頼することになります。

依頼をしてから手続きが全て終わるまで、どのような流れで進んでいくのかを順に説明していきます。

1、法律家に相談・依頼

最初に、弁護士や司法書士などの法律家に相談することになります。

任意整理をしたいと考えている全ての人が手続きできるわけではありません。

収支状況によっては、任意整理を利用することが難しく、個人再生や自己破産といった方法をとる場合もあります。

まずは事務所で法律家に相談をして、任意整理を利用することが可能か、任意整理を利用することでメリットがあるのか、といったことを把握する必要があります。

相談して説明を受けた結果、手続きをすることが可能で、あなたに手続き意思がある場合は正式に依頼することになります。

貸金業者に対して「受任通知」を送った時点で、正式に依頼したことになります。

また、この時点で毎月の貸金業者への支払いはストップすることになります。(手続き期間中)

2、引き直し計算を行う

受任通知を送ると、貸金業者から取引履歴を取り寄せることが可能になります。

長い期間借り入れがあった場合は、過払い金が発生している可能性があるため、正しい利息での計算(引き直し計算)をして、過払い金の有無と発生金額を調査します。

引き直し計算をした結果、過払い金が発生していた場合は、その金額を現在の借り入れから減額することができます。

もし、借入金額よりも大きい過払い金が発生していた場合、借り入れが0になった上で手元にお金が戻ってくることになります。

当然、借り入れが0になれば返済する必要はなくなりますから、ここで手続きが終了となります。

3、貸金業者と交渉を行う

引き直し計算によって正確な借入金額が確定すると、貸金業者との交渉に移ります。

交渉によって、借入金額に対する利息カットや分割回数を決定していきます。

手続きが終わると返済を再開することになるわけですが、再開時にできる限り少ない負担での返済ができるよう交渉していく、というわけです。

利息カットによって元金のみでの返済をすることができ、再分割によって月々の返済金額そのものを少なくしていきます。

交渉が完了すると、貸金業者と和解書を取り交わすことになります。

※交渉が難航した場合は、訴訟に進むケースもあります。
訴訟に進んだ場合も全て法律家が代行してくれますが、手続き期間が長くなります。

4、交渉結果に基づいて返済を再開する

交渉が完了して和解書を取り交わすと、和解書の内容に基づいて返済を再開することになります。

交渉によって決定された返済金額や返済回数に沿って、毎月返済をしていくことになります。

ちなみに、任意整理手続きを開始してから終了するまでの期間ですが、4〜6ヶ月くらいであることがほとんどです。

依頼する事務所や相手の貸金業者によって前後はありますが、おおよそ4〜6ヶ月で手続きが終了するでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加