奨学金返済額について

奨学金返済額

奨学金には、「給付型奨学金」という受け取ることのできる奨学金と、「貸与奨学金」という卒業後に返済することになる奨学金があります。

貸与奨学金の場合は、当然返済をしていく必要があるわけですが、具体的な月々の返済額はどれくらいなのでしょうか?

利用した奨学金によって返済額は異なる

奨学金と一言で表しても、日本学生支援機構、大学独自、地方自治体、民間団体、、と様々なものがあります。

その人の希望や状況によってどの奨学金を利用するかは異なってくるため、「月々の返済額は○○円です」と一概に言うことはできません。

ただ、最も利用者が多いのは、日本学生支援機構の奨学金です。

日本学生支援機構の場合、月々の返済はどれくらいになるのかを見ていきましょう。

日本学生支援機構の奨学金返済額

日本学生支援機構の奨学金は一律ではなくて、国公立の場合、私立の場合、自宅の場合、自宅外(一人暮らし)の場合でことなってきます。

順に見ていきましょう。

国公立で自宅の場合

国公立で自宅の場合、月々の借入金額は45,000円となります。

4年生の大学であれば、48ヶ月間借入をすることになり、その合計額は2,160,000円となります。

この場合の月々の返済額は12,857円で、返済回数は168回(14年)となります。

国公立で自宅外の場合

国公立で自宅外の場合、月々の借入金額は51,000円となります。

4年生の大学であれば、48ヶ月間借入をすることになり、その合計額は2,448,000円となります。

この場合の月々の返済額は13,600円で、返済回数は180回(15年)となります。

私立で自宅の場合

私立で自宅の場合、月々の借入金額は54,000円となります。

4年生の大学であれば、48ヶ月間借入をすることになり、その合計額は2,592,000円となります。

この場合の月々の返済額は14,400円で、返済回数は180回(15年)となります。

私立で自宅外の場合

私立で自宅外の場合、月々の借入金額は64,000円となります。

4年生の大学であれば、48ヶ月間借入をすることになり、その合計額は3,072,000円となります。

この場合の月々の返済額は14,222円で、返済回数は216回(18年)となります。

6年生大学の場合

医学部・薬学部などの6年生大学に通う場合は、72ヶ月間借入をすることになります。

6年生大学の場合、月々の返済金額は1,000〜2,000円ほど増額して、返済期間は5年前後延びることとなります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加