奨学金制度とは – 種類や審査基準

奨学金制度

大学や専門学校に通うにあたって、すぐに学費の用意ができない場合に検討するのが奨学金制度です。

奨学金制度を利用することによって、「経済的な理由で進学ができない」という問題を解決することができるのです。

ただ、一言で奨学金制度と言っても、詳しくその制度を理解している人は多くありません。

今回は、奨学金制度について詳しく説明していきます。

奨学金には種類がある

冒頭でお伝えした通り、主に奨学金は学費の用意が難しい場合に利用することになります。

奨学金=お金を借りるとイメージを持つ人も多いですが、中には返済の必要がない奨学金もあるのです。

2種類の奨学金を順に見ていきましょう。

給付奨学金

給付奨学金は名前の通り、受け取ることのできる(給付される)奨学金です。

要するに、返す必要のない奨学金だということです。

企業や自治体が用意している奨学金制度には、給付奨学金がけっこうあります。

返済の必要がない奨学金ですから、やはり人気はあります。

審査がありますから、希望する全ての人が利用できるわけではありませんが、ここ最近は給付奨学金は増えている傾向にあります。

できるだけ多く優秀な人を育てよう、ということですね。

貸与奨学金

貸与奨学金は、学校を卒業した後に返済することになる奨学金です。

無利子のものもあれば、利息がかかってくるものもあります。

代表的な貸与奨学金として、日本学生支援機構が挙げられます。

卒業後、仕事に就いていれば生活を圧迫するようなことは考えにくいですが、「返済するお金」になりますので、将来のことも考慮した上で申し込むようにしなければいけません。

奨学金の審査基準

一般的にお金を借りる時は、その人の収入状況などが最も重視されるわけですが、奨学金の場合は異なります。

奨学金制度の目的は、「経済的な理由で進学ができない人の救済策」です。

学びたい人にはできる限り手を差し伸べましょう、というのが奨学金制度です。

そのため、奨学金の1番の審査基準は、学ぶ意欲があるかどうかということです。

審査にあたって、進学して学ぶ意欲が見られないようだと、どれだけ将来的な返済能力が高そうであっても、審査に通らなくなってしまいます。

お金を貸す側としても、「お金を貸す」という感覚ではなくて、「学ぶ環境を用意する」という感覚なのでしょう。

また余談ですが、もし今までに債務整理をしていたとしても、奨学金の審査に影響するようなことはありません。

このことからも、一般的な借入とは意味合いが異なることがわかるかと思います。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加