民事再生と自己破産の3つの違い

民事再生と自己破産の違い

債務整理をするにあたって、民事再生と自己破産のどちらを選ぶかを悩まれる人は少なくありません。

民事再生と自己破産には、大きく分けて3つの違いがあります。

順番に見ていきましょう。

1、借金が免除される範囲

まず、大きな違いとして挙げられるのが、借金が免除される範囲です。

自己破産の場合は借金が全額されるのに対して、民事再生の場合は一部が減額される形になります。

一部とはいえ、大きく減額されることにはなるのですが、自己破産のように全てが免除されるわけではない、ということです。

民事再生の場合、減額後の借金に関しては返済をしていくことになります。

そのため、減額されたら返済をすることが可能なのか否かでどちらの手続きをするか選択する人もいます。

2、財産処分されるかどうか

2つ目の大きな違いとして、財産処分の有無が挙げられます。

自己破産の場合、借金が全て免除になる代わりに、価値が残っているとみなされるものは全て処分されることになります。

例えば、車であったり、時計であったり、価値があると判断されれば、処分されます。

また、自己破産の場合は住宅も処分対象になるのが大きな特徴ですね。

一方で、民事再生の場合は財産を残すことが可能です。

借金全額が免除されるわけではないものの、財産を残すことができるので、この部分にメリットを感じる人は多いです。

「どうしても住宅は手放したくない」という理由で民事再生を選択するケースも少なくないのです。

今自分が持っている財産を見直してみて、それを処分されるとどれだけ影響があるのかを考えた上で、手続きを選んでいくといいですね。

3、資格制限があるかどうか

3つ目の大きな違いとして、資格制限の有無があります。

資格制限があると、手続きをすることによって、弁護士・会計士・生命保険募集員・警備員などといった一定の職業に就くことができなくなります。

自己破産は資格制限があるのに対して、民事再生は資格制限がないのです。

そのため、制限されている職業に就いている場合、自己破産をするかどうかを慎重に検討する必要があります。

例えば、弁護士として仕事をしているのであれば、資格制限中は弁護士業務ができなくなってしまいます。

資格制限によって直接的に解雇されることはありませんが、会社が「業務に支障がある」と判断した場合は、解雇することは可能です。

資格制限に該当する職業に就いていると、職を失ってしまう可能性もあるわけです。

資格制限は免責が認められるまでの一時的な期間ですが、それでも影響が大きいと見込める場合は、自己破産をしない方が賢明だと言えるかもしれません。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加