ヤミ金は法律違反のため返済の義務なし

ヤミ金への返済義務

他の消費者金融では借りられずにヤミ金に手を出してしまったり、そもそもヤミ金だと知らずにお金を借りてしまったり、、理由は色々とありますが、ヤミ金から借入してしまった場合、どうしたらいいのでしょうか?

まず、「ヤミ金」と言っても人によって認識がバラバラなので、ヤミ金の解説からしていきます。

ヤミ金とは

ヤミ金とは「闇金」「闇金融」「ヤミ金融」とも表現をしますが、貸金業登録をしていないのにお金を貸している業者のことを指します。

貸金業登録をしていないのに、誰かにお金を貸すことは法律で禁じられています。

禁止されているのにも関わらず、こっそり人にお金を貸して商売をしているのがヤミ金です。

また、パターンはもう1つあります。

もう1つは、貸金業登録はしているけど、出資法の上限金利を超えて貸付をしているパターンです。

出資法の上限金利は20%ですから、20%を超える金利でお金を貸すことはNGです。

ですが、ヤミ金と呼ばれる業者は、30%、40%といったびっくりするような金利で貸付をしているのです。

ヤミ金には返済する必要がない

この記事のタイトルにもあるように、そもそも、ヤミ金にはお金を返す義務がありません。

どのような理由で借りたとしても、貸付をしている時点で法律違反なのです。

そのため、月々の定められた返済をする必要がないことはもちろんのこと、元本さえも返済する必要がありません。

もし、今現在ヤミ金からお金を借りて返済をしているのであれば、今すぐに返すことをやめましょう。

返済を止めると取り立てがくる…

ただ、現実的な問題として、返済義務がないからといって返済をしないでいると、ヤミ金は取り立てをしてくる可能性が高いです。

それも、度重なる電話をかけてきたり、自宅まで押し寄せてきたりと、強引な取り立てをしてきます。

こちらがいくら「支払う必要がない」と主張しても、それが通用するような相手だとは限りませんし、通用しないケースがほとんどです。

なので、ヤミ金からお金を借りてしまった場合は、必ず法律家に相談するようにしましょう。

弁護士や司法書士に間に入ってもらうことによって、相手も話を聞いてくれるようになりますし、解決に向かうことができます。

自分1人で何とかしようと思うのは勝手ですが、正直なところ、ヤミ金相手だと非常に難しいです。

ヤミ金に強い事務所は数多くありますので、まずは相談することを強くオススメします。

今までに返済したお金が戻ってくることも

ヤミ金の場合、貸付自体が無効となりますから、今までに返済したお金を取り戻せる権利があります。

店舗を持たず、実態のないヤミ金だと取り戻すことができないケースもありますが、返済していたお金全額が戻ってきたケースも多々あります。

ヤミ金を専門にしている法律家に依頼して、返済するべきでなかったお金を取り戻しましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加