弁護士に依頼してヤミ金に借りたお金を取り戻す

弁護士に依頼してヤミ金に借りたお金を取り戻す

ヤミ金に借りたお金は、返済する必要がないどころか、今までに返済したお金を取り戻す権利すらあるのです。

ただ、ヤミ金に対して直接「返済したお金を返してください」と言ったところで、普通は対応してくれません。

個人がヤミ金に交渉したところで、難しいというのが正直なところでしょう。

そこで、弁護士や司法書士に依頼するメリットが出てくるのです。

返済したお金を取り戻せる理由

「なぜ返済したお金を取り戻すことができるのか?」もう少し詳しく見ていきましょう。

ヤミ金とは、貸金業登録していなかったり、法外な利息で貸付をしている業者のことを言います。

当然、法律に違反してお金を貸しているのです。

ヤミ金からお金を借りる際、契約書に署名をすることになるかと思いますが、法律に違反しているため、そもそも契約自体が無効なのです。

契約自体が無効のため、借りたお金を返す義務すら発生しないのです。

返済義務がないのに返済をした場合は、「返すべきでなかったお金」という扱いになるため、たとえ返済したお金であっても取り戻すことができるのです。

判例でも、これまで返済したお金は元本も含めて全て取り戻すことができる、となっています。

個人で取り戻すのは難しい

取り戻すことができるとはいえ、相手も商売でお金を貸しているわけですから、簡単に返してくれるとは思えません。

法律に違反してお金を貸しているような業者ですから、なおさらです。

「現実的にヤミ金に返済したお金を取り戻すことは可能か?」ということですが、個人で交渉して取り戻すのはまず無理でしょう。

相手にしてくれないか、反対に取り立てが強くなるケースがほとんどです。

ヤミ金の実体があるかどうか

それともう1つのポイントは、ヤミ金の実体があるかどうか、ということです。

相手も法律に違反してお金を貸していることは把握しているわけですから、なかなか表立って営業していることはありません。

店舗を持たずに営業していたり、連絡先は携帯電話にしていたり、他人の銀行口座を利用していたりすることが多いです。

そのため、簡単に姿を消すことができてしまうのです。

こちらがお金を取り戻そうと思っていても、連絡がとれなければ、どうすることもできません。

こればかりは相手のヤミ金次第になってしまいますが、姿を消されて取り戻すことが難しいケースがあることも知っておいてください。

どういった形で営業しているヤミ金にしろ、個人で取り戻すのは非常に困難です。

まずはヤミ金に強い弁護士や司法書士に相談をして、依頼を検討するといいでしょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加