ヤミ金からの取り立てストップを弁護士に依頼する

ヤミ金からの取り立てストップ

ヤミ金からお金を借りてしまった場合、返済ができなくなるケースが非常に多いです。

なぜかと言うと、すでに他の消費者金融から借入をしていて、新たに借りることが難しいからヤミ金に手を出したりすることがほとんどだからです。

それで、返済ができなくなると、当然ヤミ金から取り立てられることになるわけですが、今回は、その時の正しい知識をお伝えしていこうと思います。

ヤミ金への返済義務はない

まず、前提として知っていただきたいのが、ヤミ金に借りたお金を返す必要はない!ということです。

貸金業登録をしていないのに貸付をしていたり、違法な金利で貸付をしているからヤミ金と呼ばれているのです。

そのような業者相手に、そもそもお金を返す義務などないのです。

ですが現実的な問題として、「ヤミ金から借りたお金を返さずにそのままめでたし」みたいなことにはなりません。

ヤミ金とはいえ、お金を貸すことを商売としているわけですから、相手はお金を回収するのに必死です。

ヤミ金からの執拗な取り立て

返済をしないでいると、ヤミ金からは執拗な取り立てがくることになります。

消費者金融からの取り立ては、電話や書面による丁寧な形ですが、ヤミ金はそうとも限りません。

度重なる電話はもちろんのこと、場合によっては自宅まで取り立てにくることもあります。

まさにマンガの取り立てのようなイメージですね。

いくら返済義務がないとは言っても、このような厳しい取り立てを繰り返されていると「返済した方が楽なのでは…」とさえ感じるかもしれません。

ただ、それではヤミ金の思うツボです。

だからと言って、話し合って解決しようと思ったところで、まっとうな話が通じるような相手ではありません。

そのため、ヤミ金からの取り立てをストップするのであれば、弁護士や司法書士に依頼するのが1番なのです。

ヤミ金のプロに依頼して取り立てをストップ

取り立てストップするには、ヤミ金問題を解決するプロの法律家に依頼するのが1番です。

法律家に依頼をすると、以後取り立て行為を行うことが完全に禁止されます。

依頼をすることで、ヤミ金に対して「受任通知」という通知を送るのですが、受任通知を送った後の催促や取り立ては貸金業法違反となるのです。

ただ、先ほどもお伝えしたとおり、まっとうな話が通じる相手ではない場合があります。

中には、受任通知を送っても取り立てをやめないヤミ金がいるわけですが、そこで法律家の交渉力というのが重要になってきます。

交渉力の強い弁護士や司法書士に依頼することで、ヤミ金からの取り立てを確実にストップすることができます。

過去の実績やヤミ金対応を専門としてるかを基準に、依頼する事務所を決定していきましょう。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加