株式会社シー・アイ・シー(CIC)とは

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

株式会社シー・アイ・シーとは、信用情報機関のことを指します。

一般的にはCICと呼ばれています。

CICは個人の金融情報が登録されている機関ですが、具体的にどのような情報が登録されていて、登録されていることによってどのような影響があるのでしょうか?

CICに登録されている情報

CICには、消費者金融・クレジットカード・信販会社の利用状況が登録されています。

例えば、「どこのクレジットカードを使っているのか」や「どこの消費者金融からいくらキャッシングしているのか」などです。

自分のキャッシング状況やカード利用状況がまとめられている、という認識を持っていただけば問題ないです。

また、毎月しっかりと返済が行われているのかや、過去に金融事故がなかったかどうかについても、CICで確認することができます。

債務整理を行った場合にも、CICに情報が登録されることになります。

CICの情報の影響

CICには個人の金融情報が載っているわけですが、それを確認できるのは「本人」か「金融機関」のみとなります。

金融情報は非常にデリケートな情報となりますので、当然と言えば当然ですが、他人のCICの情報を見るようなことはできません。

CICは、金融機関が審査基準の1つとして設けています。

例えば、新たに消費者金融からキャッシングをしようと考えて申し込みをした場合、借入をする前に審査に通過する必要があります。

審査の際に、消費者金融は年齢・年収・職業などをチェックするわけですが、それと併せてCICのチェックもします。

CICをチェックすることによって、その人の他社からの借入状況や過去の支払い状況などがわかりますので、それによって審査に通すかどうかを決めることになるのです。

年収の3分の1を超えるような借入があったり(総量規制)、過去の長期間の延滞をしていた金融事故を起こしていた場合などは、審査に通過するのが難しいでしょう。

また、任意整理や自己破産などの債務整理を行った場合も、CICにその旨が記載されることになりますから、新たに借入をすることは難しくなると言えます。

CICの影響を受ける審査

上記では、消費者金融からの借入を例として挙げましたが、審査の影響を受けるのはそれだけではありません。

新たにクレジットカードを作る場合、信販会社や銀行などから借入をする場合、住宅ローンを組む場合、車のローンを組む場合などもCICの影響を受けることになります。

金銭的なことが関係する審査全般だと思っていただければ問題ないでしょう。

複数社から借入をしていたり、金融事故を起こしていたりすると、金銭的なことが関係する審査には通りにくいというわけです。

CICの情報を確認するには

先ほどもお伝えした通り、CICの情報は本人であれば確認することができます。

CICの情報を確認する(開示する)方法としては以下の3つです。

  • インターネット開示
  • 郵送開示
  • 窓口開示

※インターネット開示と郵送開示の場合は1000円、窓口開示の場合は500円の手数料がかかります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加