過剰融資の禁止について

過剰融資の禁止

消費者金融や信販会社からの借入は、限度なくできるわけではありません。

もちろん業者判断によって上限が決められるケースもあるわけですが、業者判断関係なしに、借入できる上限というのは法律で定められています。

反対に言うのであれば、貸金業者は際限なく貸付をできるわけではない、ということです。

これを「総量規制」と言います。

総量規制とは

総量規制とは、年収の3分の1を超える金額の貸付をしてはいけない、という法律です。

例えば、ある人の年収が300万円とするのであれば、その人に100万円以上の貸付をすることは禁止されています。

これは法律で定められていることですので、絶対的なことです。

「年収の3分の1まで」ですので、貸付の上限額は人によって異なります。

消費者金融や信販会社からキャッシングをする際に、審査の段階で収入証明書の提出を求められることがあります。

これは、その人に返済能力があるかどうかをチェックしてることもありますが、併せて、総量規制に該当していないかのチェックもしているのです。

借入金額が年収の3分の1に達していると、新たに借入をすることはできなくなってしまいます。

総量規制の対象外

ただ、総量規制というのは全ての業者に当てはまるわけではありません。

消費者金融や信販会社は対象となりますが、お金を借りる=総量規制の対象というわけではないのです。

銀行

銀行は総量規制の対象になりません。

なぜかと言うと、総量規制は貸金業者に対して定められた法律であって、銀行は貸金業者ではないからです。

銀行には貸金業法は適用されず、銀行法が適用されます。

そのため、仮に年収の3分の1を超える借入があったとしても、銀行のカードローンを利用すれば新たに借入できる可能性があるというわけです。

ただ、一般的に銀行カードローンの審査は厳しいと言われています。

総量規制の対象ではないとしても、複数の会社からすでに借入をしていると、審査に通りづらいというのは事実でしょう。

クレジットカードのショッピング

クレジットカードには、キャッシングとショッピングの両方が利用できるものがあります。

それぞれ別に枠が定められているはずです。

この場合、キャッシング分は総量規制の対象になりますが、ショッピング分は対象になりません。

キャッシング機能付きのクレジットカードを利用していて、複数者から借入をしていると、あるタイミングでキャッシング機能が停止されて、ショッピング機能しか利用できなくなるケースがあります。

これは、総量規制によって、これ以上キャッシングはできないことが理由です。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加