リボルビング方式について

リボルビング方式

キャッシングをすると毎月返済をしていくことになるわけですが、消費者金融をはじめ、多くの貸金業者ではリボルビング方式が採用されています。

また、クレジットカードをショッピング利用した場合には支払い方法を選ぶことがありますが、その場合のリボ払いも同様です。

では、リボルビング方式とはどのような支払い方法なのか見ていきましょう。

リボルビング方式とは

リボルビング方式とは、毎月決まった金額を返済していく返済方式のことを指します。

月によって利用する金額にばらつきがあるはずですが、返済金額は一定なのです。

ただ、「リボルビング方式」と一言で表しても、様々な種類があります。

代表的なものとして、「元利方式」と「元金方式」が挙げられます。

元利方式とは

元利方式とは、毎月定められた金額の中に利息も含まれている返済方式です。

例えば、月々の返済額が1万円と決まっているのであれば、元金と利息を合わせて1万円に設定されている、ということです。

元金8000円・利息2000円のようなイメージですね。

元金方式とは

元金方式とは、毎月定められた金額に利息を加えて返済する方式です。

例えば、月々の返済額が1万円と決まっているのであれば、そこに利息を加えた金額が実際の返済金額となる、ということです。

元金10000円・利息2000円のようなイメージです。

定額方式と定率方式

もう1つ、返済方式の違いとして知っていただきたいのが、「定額方式」と「定率方式」です。

定額方式とは

定額方式とは、月々の返済が金額で固定されている返済方式です。

例えば、返済金額が3万円と固定されているとします。

定額方式であれば、借入残高が30万円であっても、50万円であっても、月々の返済金額が3万円であることに変わりはありません。

定率方式とは

一方で定率方式とは、「借入残高の10%を返済する」というように、返済金額が割合で設定されている返済方式です。

つまり、借入残高によって、返済金額も変化するというわけです。

例えば、借入残高の10%を返済すると決まっているのであれば、借入残高が30万円の時は3万円を返済しますが、借入残高が50万円の時は5万円を返済することになります。

消費者金融が採用している返済方式

全ての消費者金融が共通しているわけではありませんが、大手消費者金融の多くは元利定額方式を採用しています。

毎月定められた金額の中に利息も含まれていて、月々の返済が金額で固定されている返済方式、というわけです。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加