多重債務問題改善プログラムについて

多重債務問題改善プログラム

多重債務問題改善プログラムとは、名前の通り、「多重債務を抱えている人を救おう」という目的のもとに作られたプログラムです。

日本には、多重債務者と呼ばれる人は200万人以上いると言われています。

多重債務者を少しでも減らし、今後新たに多重債務を抱える人が出てこないようにするための施策をしています。

多重債務問題改善プログラムの内容

多重債務問題改善プログラムで実施していることは、主に以下の4つです。

  1. 多重債務者に対する相談
  2. セーフティネット貸付の提供
  3. 多重債務者予防を目的とした金融経済教育
  4. ヤミ金への取り締まり

順に詳しく説明をしていきます。

多重債務者に対する相談

多重債務者は、多重債務を抱えているくらいですから、生活が困窮している可能性が非常に高いです。

しかし、苦しいのにも関わらず、相談できる場所がほとんどないことが実情です。

相談相手がいない場合、多重債務者の多くが考えることは「新たな借入先を探す」ということです。

現在の生活が苦しいのに、新たに借入をしてしまっては、さらに生活を圧迫することになります。

また、いずれはお金を貸してくれる金融機関がなくなります。

そうすると、今度はヤミ金などに手を出してしまったり、最悪の場合は命を絶ってしまうようなケースもあります。

そのような事態になることを避けるためにも、多重債務者に対する相談窓口を設けているのです。

セーフティネット貸付の提供

セーフティネット貸付とは、多重債務者に対して低金利の貸付を行っていくものです。

複数者から借入をしていると、どんどん利息が膨らんでいって、利息の返済ですら膨大な金額になってしまいます。

多重債務者の事情を聞いた上で、必要であれば「顔の見える融資」という形で窓口を通して貸付をしていきます。

貸付ですので、返済能力があることが前提となり、もし返済が難しいような場合は債務整理を検討することになります。

多重債務者予防を目的とした金融経済教育

新たに債務を抱える人を減らしていくために、借金返済の大変さを伝えていく施策です。

金利の知識を身につけたり、多重債務によって苦しんでいる人の存在を伝えていくことで、多重債務者の発生を予防していきます。

ヤミ金への取り締まり

消費者金融などで借りれなくなった人が行き着くのはヤミ金です。

ヤミ金というのは、法律に違反してお金を貸している業者ですので、当然減らしていかなければいけませんし、減らしていくことで救える人がいるわけです。

ヤミ金を取り締まっていくことによって、借金が膨らむ人を減らしていくことに繋がります。

PR

  • このエントリーをはてなブックマークに追加